音楽に関わる皆様へ

YAMATO String Quartetのレパートリーは、ほとんどが近藤和明氏の手によるものです。彼の編曲は素晴らしく、YouTubeなどでご覧下さった多くの方々から、毎日のように膨大なメッセージをいただきます。

お返事ができていない皆さまには申し訳ありませんが、英語を含め色々な言語でいただくメッセージを解読すること、返信を書くことは大変な作業で、とても全ての方にはお返事できません。

いただくメッセージのほとんどは「この編曲を使いたい」「購入する手段について」「コピーがほしい」などのメッセージです。これらのご要望について、この場でお答えしておきたいと思います。

現在、どういう出版形態をとるにせよ、紙媒体になった楽譜がコピーされることを完全にガードする手立てはありません。
コピーできなければ実演には不向きなものになってしまうからです。
しかし、ひとたび出版されれば無限にコピーが出回ってしまうため、出版者への収入の確保は難しい状況です。

私たちは常日頃、作曲家の権利を守るために著作権料を支払います。
そして私たちは、近藤氏の編曲は作曲家の創作活動に匹敵する価値のあるものだと考えています。
しかし、世界的に編曲に対する著作権はほとんど認められていません。
近藤氏の編曲を彼の収入につなげるために私たちが出版したとしても、著作権使用料は原曲の作曲者にしか渡らず、コピーが出回れば出版時に先払いする原曲著作権料を回収することすら難しいでしょう。

このため、私たちは自分たちの活動で得た資金を、近藤氏の次の編曲作品に投資することで報いるという方法を取っています。
この活動の原資となるレパートリーが流出することは、近藤氏が私たちのために書いた編曲を聴く唯一の場としての私たちのコンサートの価値に影響を与えることになります。
私たちのコンサートの価値が下がれば、近藤氏の次回作への投資も確保できなくなります。
近藤氏の編曲の素晴らしさを理解してくださる方々が増えることは私たちにとっても嬉しいことですが、近藤氏に正当な対価を保証出来なくなるリスクを負ってまで出版をするわけにはいかないのです。
これらの問題を解決する手段をお持ちの方は、メッセージをくださるようお願い致します。

また「子供たちに弾かせたい」「限定的なイベントのために使いたい」などのメッセージも多くいただきますが、コピーを流出させることに変わりはないので、お断り致します。

音楽を愛する全ての方にとって、音楽が幸せに繋がるものでありますように。

YAMATO String Quartet代表
阪田宏彰

追伸:
クラウドファンディングなどの手段を用いた出版の可能性を模索しています。
ご協力いただければ出版が現実になるかもしれません。進展は、この場でお知らせ致します。

****

Dear All,

Thank you very much for your warm comments and encouragement. Most of the pieces for YAMATO String Quartet are arranged by Kazuaki Kondo, whose works we love! Every day we receive many messages from people all over the world who have watched our performances on websites such as YouTube. Sorry for not being able to reply to all of your messages.

Most of the messages ask us to let you play, buy or photocopy the arrangements. We'd like to respond to those requests. Currently, there is no way to completely protect the copyright of sheet music, regardless of the mode of publication. In order to play the pieces, a hard copy is necessary. However, it's difficult for the publishers to secure revenue once the sheet is published, as it’s impossible to limit the number of photocopies made.

We pay copyright fees to protect composers' rights. And we believe arrangements by Mr. Kondo are worth as much as the creative works of composers. However, copyrights for arrangements are not recognized worldwide.

Even if we publish Mr. Kondo's works so that he can get a share of the revenue from sales, the copyright fees will go to the original composer when those pieces are played publicly. So instead, we compensate Mr. Kondo for his pieces out of the money raised from our stage performances. He then puts this payment towards his next arrangements, which in turn generate interest in our next performance. We’re concerned that this cycle will be broken if copies of his pieces escape onto the market.

We are happy that so many people love Mr. Kondo’s work, and want to continue performing his arrangements for you all to enjoy, so if you have any good ideas on how to solve this problem, please send us an email.

We receive requests such as "We'd like to let children play the piece" or "We'd play the piece only at a particular event". Although we’d like to make exceptions, we’re afraid we can’t, as doing so could result in unauthorized copies becoming available.

Thank you very much for your understanding.
May music bring happiness to all of you who cherish it.

Best regards,
Hiroaki Sakata
Representative, YAMATO String Quartet

P.S.
We’re looking for a way to publish the sheet music using crowd-funding. We may be able to make it with your support. We’ll keep you posted.